ダイレクトメールエージェンシー アテナ・サービス株式会社
お問い合わせ サイトマップ 人材募集

TOPページへ戻る
DMプランニングとは? アテナ・サービス株式会社 会社概要 ATENA touchとは? よくいただくご質問

DMプランニング
DMの効果
DM7つのPOINT
DM7つのポイント

ダイレクトメールを利用する際には大切な7つのポイントがあるのをご存知でしょうか?ただ、送るだけで効果かあるというものではありません。ポイントを把握してよりよいアピールをしていただきたいと「アテナサービス」は考えております。

POINT1:何のためにDMを利用するのか?
DMが狙う目的は絞れていますか?目的が曖昧だとせっかく出したDMの焦点が見えにくくなってしまい本来伝えたいことが伝えたい人に伝わりにくくなります。まず、「何の為に、何を伝えたいか」を明確にしていればDMの効果が得られやすいです。

POINT2:DMで何を伝えたいのか?
何を伝えたいDMなのでしょうか?DMを出すことによって商品やサービスなど伝えたい目的を伝えられなければなりません。DMのさまざまな用途によって伝えたいことは変わりますが、好奇心や関心をひきつけるアイデアが必要になってきます。

POINT3:ターゲットを絞り込む
誰にDMを送ったらいいのか、上記POINT1.2を考えた上での送付先でDMの成否が左右されます。むやみにDMを発送するのではなく、あくまでも伝えたい事を興味のある人に伝えるのが大切です。

このページのTOPへ

POINT4:効果的なタイミングはいつか?
どの時期に到着すればより効果的なのか。発送のタイミングを計ってください。セールの告知なら実施の1週間ほど前がベストです。お給料日やボーナス時などのタイミングを利用者の立場で考慮して、じっくり目を通してもらえるのだったら週末に到着するのがベストです。DMの効果はタイミング一つで大きく違ってきます。

POINT5:「はがき・書簡」どういった形を利用するのか?
伝えたい情報の量や内容にふさわしい形状が理想的です。店のイメージや予算に応じて左右されますがもっとも興味を示して目を通していただけるように考えることが大切です。

POINT6:DM発送後の成果はどうだったか(重要)
DMは、1回限りの販促策ではありません。結果を把握し、次のDMにつなげます。良い効果を得られた場合はさらに効果をアップするために。効果が無ければ、どこが悪かったのかを分析して次のDMに改善を加える。長期的なDMの構想を踏まえて、結果を分析することが、DMでの効果をアップさせる秘訣です。

POINT7:DMにかける予算はいくらか?
発送のそう数量をどのくらいにするのか?予算は何パーセント当てればいいのか?など大切な問題です。長期分析した結果効果のあるDM方法か分析中のDM発送なのかによっても違ってきますが、簡単に損益分岐点の計算方法を知っておくことは大切です。

このページのTOPへ

Copyright (C) アテナ・サービス株式会社. 2003All Rights Reserved